アロマ

ゴールデンドロップで使用する精油

※ゴールデンドロップ講座用に作成したテキストです。主にインターネット情報ですが、まとめるのは大変でした。

 

41BAF8CD-A1D6-407C-AF99-7FC97CFD9C30.jpeg

 

1本目 サンダルウッド(白檀)
「崇高な意識と繋がる」
学名:Santalum paniculatum

ラベルには「アロエ」と書かれていますが、これはサンダルウッドの古代の呼び名です(ヘブライ語)。サンダルウッドは精神と魂(スピリット)に働きかけると言われます。精神を安定させ深い眠りへと導く香りとして、古くから寺院で薫香として重宝されてきました。また、否定的に組み込まれた細胞のプログラムを排除できるともいわれています。

心に落ち着きを感じさせ、地に足をつけたような安定感を感じる香りで、頭痛や不眠症などの神経系の興奮状態に効果的です。世俗的な不安や、執着心を落ち着かせ、崇高な意識へとつながる助けをしてくれます。脳の松果体を刺激し、熟睡に関わるメラトニンを分泌すると言われています。

 

11.png

 

2本目 カッシア
「浄化」
学名:Cinnamomum cassia

寺院で焚かれていたお香の鍵となる成分で、シナモンの葉・小枝から抽出したオイルです。刺激は強いのですがお肌に効果的で、希釈し化粧品として皮膚に塗布できます。カッシアはシナモンの成分の2倍入っているといわれ、抗菌性、抗ウィルス性、抗真菌性という働きがあり、緊張をほぐして神経を落ち着かせ気持ちを明るくしてくれます。殺菌力が強いので、生贄を捧げる道具を洗うのにも使用されていたと言われています。また、カッシアのもつ殺菌力により古代ヘブライ人は守られていたそうです。

通常、細菌そしてウィルスは人体にとって脅威となりがちです。カッシアは、それらをただ敵とみなさず、「いつも守られているので、安心しなさい」というメッセージが込められた優しい精油です。

 あなたの衣はみな没薬、芦薈、肉桂で、よいかおりを放っている。琴の音は象牙の殿から出て、あなたを喜ばせる(45篇8節)


12.png



3本目 シダーウッド
「お祓い」
学名:Cedrus atlantica (シダーウッド・アトラス)

まるで寺院を訪れたようなときにやさしく漂う香りです。脳の感情領域と関係が深い大脳辺縁系を刺激したり、熟睡に関わるメラトニンを分泌し松果腺を刺激すると言われています。エジプト人は、シダーウッドの浸出油を死者の防腐保護剤として使用し、ミイラに巻きつける包帯を浸し、防虫したそうです。また、腐敗しにくい性質で木材は棺に利用されていました。また、聖書に出でくるレバノン杉(C.libain)の近縁種で、レバノン杉は旧約聖書にも現れ、高潔さと不滅のシンボルとなっています。
シダーウッドはセスキステルペンが主要成分(98%)で、YL精油の中でも最高の数値です。


ライ病(ハンセン病)に対する浄化の手順(レピ記14):シダーウッドとヒソップを使って、右の上端、右手の親指、右足の親指につける。

 レビ記14:4「祭司は命じてその清められる者のために、生きている清い小鳥二羽と香柏の木(シダーウッド)と、緋の糸と、ヒソップを取ってこさせ、」

13.png


4本目 サイプレス
「死者の魂を鎮める」
学名:Cupressus sempervirens

古くからギリシャで墓地に植えられ 死者の魂を鎮めるといわれています。キリストが縛られた十字架はこの木で作られたとの伝説から、死と結びつき、寺院や墓のまわりに植えられていることが多いといわれています。また 「ノアの方舟」の船底もサイプレスでできていたと言われています。学名が由来するギリシャ語のセンパーヴァイヴェンは、「永遠に生きる」を意味しています。バチカンのサンピエトロ大聖堂の入り口のドアはサイプレスでできており、千年以上も使い続けたといわれています。

サイプレスは変化を抑制する恐れをなくし、新しく道を開いていくパワーをもたらし、楽観的に人生の波に乗って生きていくのをサポートしてくれます。

イザヤ書44:14「彼は香柏(シダーウッド)を切り倒し、あるいはかしの木(サイプレス)、あるいはかしわの木(オーク)を選んで、それを林の木の中で強く育てる。あるいは香柏を上、雨にそれを育てさせる」


14.png



5本目 フランキンセンス
「真の香り」
学名:Boswellia carteri
和名:乳香

フランキンセンスという名前は、中世フランス語の“真の香り”から由来しています。イエス・キリスト誕生祝品の一つとして捧げられたことでも有名です。中東では“聖別の油”として知られ、数千年ものあいだ宗教的な儀式に使われ、金よりも価値があり、大きな富を得たものだけが所有していました。“真の香り”は、私たちのなかにある傷ついてしまった過去のすべてを洗い流し、真実を思い出させてくれます

また、エジプトでは王様(ファラオ)のオイルと言われ、「痛風から頭がい骨骨折まで(=万能薬)」と重宝されてきました。成分のモノテルペンが細胞内の記録をリセットし、細胞の正常な複製を促すため、あらゆる病、癌、うつなどに効果があると言われています。今でも教会のお香(殺菌)につかわれています。

世継ぎが生まれたときの神聖な誕生の儀式では、赤ん坊の頭頂部につけて頭頂部から脳の中に邪気が入り込まないようにしたそうです。
神聖な、特別なオイル。祈り(思念)に応えるオイル。神に祝福されたオイルといわれています。

15.png



6本目 ミルラ(没薬モツヤク)
「死と復活」

学名:Commiphora myrrha

樹木から分泌する樹脂で、古くから香として焚いて使用され、日本では「没薬」と呼ばれています。古代エジプトでは、薬、化粧品、そして太陽神の儀式として毎日正午にミルラを焚き、ミイラの防腐保存用に腹部に詰めて大量に使ったそうです。防腐作用と優れた殺菌力を利用してミイラ作りに用いられ、ミイラの語源にもなっています。古代宗教儀式に使用された高貴な香りです。

 

『聖書』では、合計156箇所の記述があるといわれ、最も多く登場します。一番最初に登場し(創世記37:25)、そして最後に登場する精油でもあります(黙示録18:13)。ミルラはキリスト生誕のときの三賢者の贈り物の一つのため、マリア様が最初に使ったといわれ、イエス・キリストの人生においても最初と最後の精油になります。

また、イエス・キリストの埋葬の際、ミルラを含む香油を御体に塗布したと記述されています。「ヨハネによる福音書」には、ニコデモがイエス・キリストの埋葬に先立って、没薬と沈香(アガーウッド)を混ぜたものを持って来て、イエスの身体を持ち上げ、ユダヤの習慣に従い、他の香料と共に巻いた」とあります。

 「・・・そのころ、東の国の博士たちがエルサレムに来て、・・・彼らがヘロデ王の言葉に送られて出発すると、なんと、前にのぼるのを見た星が先に立って、幼児のいるところに止った。星を見て大いに喜んだ彼らは、その家に入って、子どもが母のマリアと一緒にいるのを見た。かれらはひれ伏して礼拝し、宝箱を開いて、黄金と乳香と没薬の贈り物を献上した。」(マテオの聖福音書第2章1~11節)
 十字架に付けられたイエスにミルラを混ぜたワインが手渡された(マルコ伝15:23)
 キリストの死体が腐らないように100ポンドのミルラとアロエを買い求めてきたという言い伝え

また、王家の出産の際、へその尾を通って赤ん坊の体内に邪気(病魔)が入らないように、とへその尾と出産口周辺をミルラで覆い、感染を防いだそうです。ゲリー・ヤング氏も息子の出産にたちあい、その子にとって神聖な特別なものにしたいとフランキンセンスとミルラを使いました。

方法:フランキンセンスを自分の手にとり両手を拡げて子どもの頭全体に塗る。それから胸につけ、背中にもつけ、おしりから足にまで全体に広げる。それからミルラを手にとり、子どもの頭を右手で持ったまま、ミルラをへその尾が脈打たなくなるのを待つ。へその尾の色が真っ白になったら結んで切る。

 

16.png


 

 

7本目 ヒソップ
「お清め」
学名:Hissopus officinalis

“聖なるハーブ”として古代から宗教の儀式と密接に関わってきました。人類が最初に使い始めたハーブの一つと言われています。多くの浄化儀式に使用されており、清浄にする特徴があります。疫病の予防や消毒、修道院の食事などにも出されました。神殿を清めるのに使われたり、ライ病(ハンセン氏病)患者を消毒する薬草として使われてきました。ユダヤ教の「過ぎ越しの祭り」では、身も心も清めるために食べる習わしがあります。

心への作用として、悲観的な気持ちと、そこから引きこもってしまいがちの時に、胸部を開き、元気を回復させてくれ、外へ向き合えるように助けてくれます。悲しみを浄化してくれます。また、古くから 「守護」として使われてきたヒソップは、私たちを外界から一線を引くことを助けます。周りの雰囲気や感情に飲み込まれやすい時に役立ちます。

「詩篇51-7 ヒソプの枝でわたしの罪を祓ってください。わたしが清くなるように。わたしを洗ってください。雪よりも白くなるように」

 聖書には12か所の記述
・(旧約聖書 列王記上5章13節)彼が樹木について論じれば、レバノン杉から石垣に生えるヒソプにまでおよんだ。
・(旧約聖書 レビ記14章4節)祭司は清めの儀式をするため、その人に命じて、生きている清い鳥二羽と、杉の枝、緋糸、ヒソプの枝を用意させる。
・(旧約聖書 詩篇51-7)ヒソップをもって我を清めたまえ。さらば我清まらん
・(新約聖書 ヨハネによる福音書19章29節)そこには、酸いぶどう酒を満たした器が置いてあった。人々は、このぶどう酒をいっぱい含ませた海綿をヒソプに付け、イエスの口もとに差し出した。
 出エジプト記:ヒソップの枝を使って子羊の血を扉の上に塗って伝染病を防いだ。
 エジプトの石版に刻まれた話:子羊の血の中にヒソップのオイルを垂らして、それを扉に塗った。伝染病がやってきたとき、その匂いと香りで避けられた。(子羊の血がキャリアオイルの役割)

19.png



8本目 マートル
「不死の象徴、成功・繁栄の象徴」
学名:Myrtus communis

クリアーでフレッシュなユーカリのようなハーブの香り。ユーカリと同じフトモモ科の植物でユーカリに似た特性があります。瞑想を助けるとも言われています。古代ギリシャ人は、この木を愛と不死を象徴する木とみていたそうです。切られたあとも生命力の強い花のため不死の象徴、成功・繁栄の象徴となっています。また、ギリシャ神話で、マートルの木陰で恋をしたという逸話があり、催淫効果のある木とされています。甲状腺・喉(第5チャクラ)に対して画期的な効果があります。甲状腺は感情に対して重要な役割があり、甲状腺の機能を正常にすることで、より自分らしくいられます。

19.png



9本目オニカ(オナイカ)
「緊張や不安をほぐし、心に温もりと安らぎ」
学名:Styrax benzoin

バニラに似た甘い香りで、安息香(ベンゾイン)といわれる通り、緊張や不安をほぐして心に温もりと安らぎを与えてくれます。非常に粘度が高い樹脂油で、昔は軟膏を作る時に乳化剤として使われていたと言われています。

ベンゾインは呼吸器系(気管支炎や咽頭炎など)のトラブル、皮膚の乾燥やひび割れなどのときマッサージで使用するとよいと言われています。悪霊を追い払う目的で、宗教儀式の薫香にも使われていました。また、聖別の油の材料でもあります。


20.png


10本目 シスタス
「再生」

学名:Cistus ladaniferus
別名:ロックローズ または ローズ・オフ・シャロン

地中海沿岸の暖かい気候に育ちます。花が咲いてる時はやわらかなはちみつのような香りで、ローズオブシャロンという名の植物として知られています。古代より、潜在意識に入り古い記憶を蘇らせると言われ、経験を活かし自分の人生に役立て幸せになる手助けをしてくれます。また、細胞の再生効果が研究されているそうです。出血を止める力が大きく、大きな傷口もすぐにふさがると言われています(YL精油「イミュウェル」のメインのオイル)。
ソロモン王の歌:「私はシャロンのばら、谷間のゆり」


21.png




 * 聖別の油 *

古代には,預言者,祭司,王様は、神からその職に召されたことを示すために特別な仕事をするときには油を注がれました。

 出エジプト記 30:22-33
 聖別の油のつくり方と聖別

30:22 主はモーセに仰せになった。
30:23 上質の香料を取りなさい。すなわち、ミルラの樹脂五百シェケル、シナモンをその半量の二百五十シェケル、匂い菖蒲二百五十シェケル、
30:24 桂皮を聖所のシェケルで五百シェケル、オリーブ油一ヒンである。
30:25 あなたはこれらを材料にして聖なる聖別の油を作る。すなわち、香料師の混ぜ合わせ方に従って聖なる聖別の油を作る。
30:26 それを以下のものに注ぐ。すなわち、臨在の幕屋、掟の箱、
30:27 机とそのすべての祭具、燭台とその祭具、香をたく祭壇、
30:28 焼き尽くす献げ物の祭壇とそのすべての祭具、洗盤とその台。
30:29 あなたがこれらを聖別すると、神聖なものとなる。それに触れたものは、みな聖なるものとなる。
30:30 アロンとその子らにこの油を注いで、彼らを聖別し、祭司としてわたしに仕えさせなさい。
30:31 イスラエルの人々に告げてこう言いなさい。聖なる聖別の油は、代々にわたってわたしのために使うべきものである。
30:32 一般の人の体に注いだり、同じ割合のものを作ってはならない。それは聖なるものであるから、聖なるものとして扱いなさい。
30:33 類似したものを混ぜ合わせて、一般の人に塗る者は、その民から断たれる。


 
出エジプト記 30:34-38
 証しの幕屋の中に置く香料

30:34 主はモーセに言われた。以下の香料、すなわち、ナタフ香(蘇合香/stacte)、シェヘレト香(オナイカ)、ヘルベナ香(ガルバナム)、これらの香料と純粋な乳香(フランキンセンス)をそれぞれ同量取り、
30:35 香を作りなさい。すなわち、香料師の混ぜ合わせ方に従ってよく混ぜ合わせた、純粋な、聖なる香を作る。
30:36 その一部を細かく砕いて粉末にし、粉末の一部を、臨在の幕屋の中の掟の箱の前に置く。わたしはそこであなたに会う。これはあなたたちにとって神聖なものである。
30:37 同じ割合で作った香を私用に使ってはならない。あなたは、それを主に対して聖なるものとしなければならない。30:38 また、類似したものを作って、香りを楽しもうとする者は、すべてその民から断たれる。
 

* 油注がれたるもの *

戴冠式(たいかんしき、coronation)は、君主制の国家で、国王・皇帝が即位の後、公式に王冠・帝冠を聖職者等から受け、王位・帝位への就任を宣明する儀式。キリスト教国では、高僧が新君主の頭に聖油を注ぎ、神への奉仕を誓わせる儀式が主体となり、イギリスでは聖別式といわれました。

聖別式の起源は、『旧約聖書』の「列王記下」に記された故事にあります。同書には、ソロモン王が王冠を受けたことが記され、また、イスラエルとユダヤの諸王が聖別式を行ったことが記されています。「油塗られた者」(ヘブライ語の「マスィアッハ」)は「王」の婉曲的表現となり、後には救世主(ラテン語の「メシア」)を指すようになる。

「メシア(Messiah)」の原義は「油注がれたるもの(油塗られたるもの)」で、この場合の油とは祭祀に用いられる香油のことです。つまりユダヤ教におけるメシアとは、香油を塗られた(神に祝福された)祭祀者・ユダヤ民族の王を指します。メシアに対応するギリシア語が「クリストス」であり、「イエス・キリスト」とはナザレのイエスとして知られる人物にこの称号をつけた形(が日本語的に転訛したもの)です。「イエス・キリスト」と言う呼び方自体にイエスを救世主として認める立場が含まれています。

神権により聖別され祝福され奉献されたオリーブ油だけが教会で油注ぎをする時に使うことができます。これが古代のやり方であり,現代のやり方でもあるのです。古代では,オリーブから搾った油はすべての動物性,植物性の油の中で,最も清く,澄んだ,最高に明るく燃える,最も長持ちするものとされました。それは油の中で最も純粋とされ,そのため神聖な油注ぎにとっては完璧だったのです。